PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

  モートン足の事

モートン足の事。
人間の足は、

踵に50%
親指の付け根に35%
小指の付け根に15%

の割合で体重を支える事が出来ると一番安定します。
この時の足首の関節は、真っ直ぐになり内側に捻れたり、外に捻れたりした状態にならないために膝がとても楽です。

この状態を維持する事が出来ると膝の内旋が無く脚の筋肉もバランス良く使われるようになります。

モートン足の場合は、親指の役割を果たす部分が短く体重が遅れて脚に掛かるので、体の内側に落ちるように捻れて来るのです。

この動きが人差し指とそれにつながり体重を支える第二中足骨に偏った体重を掛けてしまいます。
この動きが、足首の内旋を強めその影響を膝の内旋に与えます。

当然、足首、膝、股関節にひずみがきますよね。

モートン足に対処する最も簡単な方法は、親指の下、「母趾球」と呼ばれる部位に薄いパットを当てる事。
パットが第二中足骨の下まで届かない様に注意!


(パットを入れる位置)


普段の靴やおうちのスリッパにも貼ってくださいね。
フットケア専門医は第二中足骨と中足骨のアーチの中央部にパットを当てると言うミスを犯してしまいがちなんだそうです。

痛みが発生している部位の痛みを和らげようとしての事ですが、これでは逆にモートン足の状態をつくりだします。

おまけ。と、言うより大切な事。

モートン足にみられる不自然に分厚いタコ。(青のグルグル部分に出来ます)


こんなへなちょこイラストしか作れずにごめんなさい。( ̄ー ̄)


モートン足は、四人に一人の割合だそうです。




スポンサーサイト

| カラダの事 | 01:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT