FC2ブログ

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

欲するもの

皆さんに聞いていただきたいお話。


暑かった夏に、ニュース等で、

熱中症対策として
「ミネラルを摂りましょう!ミネラルを摂りましょう!」と良く見聞きしましたよね?


今はどうされていますか?



今回は、

「ミネラルを甘く見ると恐い!」
ですよ!

の、お話です。( ̄^ ̄)



身体は何かと自分自身にサインを送ってくれてます。
その声を無視してないでしょうか?


今、無性に食べたい物はありますか?



チョコやパン、氷…無性に食べたくなる物で、不足している栄養素がわかるんです。




例えばチョコレート。
これは、マグネシウムが不足している状態。


パンやパスタ等の炭水化物。
血糖値が落ち着かない人にありがちで、足りないのは高タンパク食品。



甘いもの。
タンパク質と脂質が足りません。






特に甘いもの、炭水化物に頼っている人は、血糖値が安定せず、エネルギーの浮き沈みに波があります。
血糖値が高い時は、ハイな状態で、血糖値が低くなれば

頭が痛かったり、

気分が落ち込んだり、

眠たくなったり、

無性に甘いものや、コーヒーなどの刺激物を欲するようになります。



やたら塩分を欲する時は、
一様にカリウム、カルシウム、そして鉄不足。



氷。
これはご存知の方も多いと思いますが、
鉄分不足。



この、「食べたくてたまらないスパイラル」に嵌ると、やめなきゃ!と思ってもやめられず、自己嫌悪も感じてきます。


やめようとするより、足りない栄養素を補ってあげれば、そのうち無性に食べたくなると言う衝動が抑えられます。

私も過去、チョコレート中毒、トマト中毒に陥りましたから、体験済みです。



こんな素敵な表を見つけたので、ここに貼ります。



コピーして、冷蔵庫等にお貼りください。(笑)



これを見たらわかるんですが、

甘いもの、珈琲、紅茶、アルコール…。
これらをやたらと欲する時は、ほぼ栄養失調状態ですよね。


高カロリー摂取の栄養失調。


サプリもありますが、基本は食事から。
サプリに頼り過ぎると、食べ物から摂取出来ない身体になってしまいます。


これからスポーツの秋や芸術の秋、読書の秋~を思いっきり楽しめます様に!
身体もメンタルも充実しますように。



私も今日のお昼ごはんは、がっつり牛肉をいただきました。(笑)
























スポンサーサイト

| カラダの事 | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

身体の声

珍しくストレスを感じ、




ストレス(交感神経)⬅︎➡︎リラックス(副交感神経)

が、目に見える様な有様を体験しました。


最近、自分の身体の正直さに驚いています。

私の身体は嘘がつけなくなったのか、すぐにサインを送ってくる様になりました。



前々からストレスを感じると眠くなる体質ではありました。(笑)

人間は恐怖やストレスで精神が極限状態に達すると乖離(かいり)といって、眠ることで自分が壊れないようにコントロールすることがあるそうです。





ストレスで揺さぶられるだけ揺さぶられた私の交感神経を、身体が危険と察知して、今度は副交感神経を揺さぶる。

これを「副交感神経反射」と言います。


マッサージ中にも起こるんですよ。
お腹がグルグルっと言ったり、鼻が詰まったり、鼻水が出たり…。


前回に書いた「好転反応」と同じようなものです。
発熱もその一つ。



カラダの緊張が強ければ強いほど、
一気にパンドラの箱が開いてしまう…。
身体が一生懸命、交感神経と副交感神経の帳尻を合わせようとするんです。



血圧,心拍数,体温,体重,消化,代謝,体液および電解質バランス,発汗,排尿,排便,性反応,その他の過程をコントロールしている自律神経。


☆交感神経
体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経です。
交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。


☆副交感神経
「副交感神経は交感神経の逆の働きをする」と考えれば良いです。
交感神経は運動時などの興奮した時に活発となるのに対して、副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。


この二つがシーソーの様に上手くバランスを取ろうとしてますが、これが出来なくなるのが、自律神経失調症。


特に夜、優位になる副交感神経。
副交感神経はリラックス➡︎緩むというイメージですけど、
例えば…
気管支は副交感神経が優位になると、収縮するんですね。
夜に喘息の発作が出やすくなるのは、この為です。


副交感神経も優位になり過ぎれば、リラックスを超え、
やる気が出ない。鬱。そんな症状が出てきます。





「あぁ~明日は休みだー!!(嬉)」
「明日は遠足だ~♡」

こんな時に限って熱を出す人が居ますよね。(笑)
これも、副交感神経の仕業ですね。(笑)
日頃、頑張り過ぎてる人(交感神経寄り)なんだと思います。


自律神経を整えるには~
運動、入浴、呼吸、食事、自然、リラックス、睡眠、日常から離れる……等が良いようです。

これをぜんぶ備えているのが、「旅」なんですね。(^-^)
(旅が嬉しくて、前日に熱を出したらアウト!ですが…(笑))




ここ三週間ほど、まともに泳げなかった私は副交感神経が優位になり過ぎてしまってたようです。

交感神経を揺さぶりに…
今日は泳ぎに行きます♡\(^o^)/


季節の変わり目です。
気候、気圧の変化は、思うよりお身体にとってはストレスです。

体調を崩されません様に。
元気な秋をお迎えください。(^-^)























| カラダの事 | 16:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

好転反応



昔から中国では、

「瞑眩せざればその病癒えず」


と言われています。

(瞑眩とは、一般には、漢方薬服用や鍼灸で、良くなる前に一時的に状態が悪化したり、思いがけない症状が出たりすること。
好転反応と呼ばれることもあります。)


好転反応は

傷ついた細胞が新しく生まれ変わる時 、   
体内の有害物質が排出される時 、   
血液やリンパの流れが活発になる時
に現れます。

好転反応には、

☆弛緩反応......怠い、眠いなどの倦怠感として感じられます。

☆過敏反応......便秘、下痢、腫れ、痛みなどとなって現れます。

☆排泄反応......湿疹、かゆみ、目やに、鼻水、吹き出物、大量の便などで
体内の老廃物・有害物質が排泄される症状です。

☆回復反応......胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などとなって現れます。

(起こった症状が本当の病気なのか、
好転反応なのかの見分けはやさしくありませんが、信頼のおける健康法を採り入れた時に起こった場合には、
好転反応とみなして良いと言われてます)


足ツボや整体後、ヨガの後にも、この様な反応が出やすいので、私も仕事では必ず最初にご説明させていただきます。

*好転反応が出ないから、効果が出てないと言うと事ではありません。



















| カラダの事 | 01:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。