FC2ブログ

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

足が危ない!

ご自分が履いてる靴の裏をマジマジと見た事がありますか?
是非ひっくり返して見てください。

偏った減り方をしてないでしょうか?


足首、膝、股関節、
足の痛みを訴える方の殆どが、靴の裏側を見ると外側から減ってきています。
そしてその様な方は、腰痛はもちろん、肩こり、首こり、頭痛等、色んな場所に不具合を感じています。


モートン足の事は前に書いた通りですが、今回は…

「浮き指」の事。



足の指を足の甲側に反って角度を測ります。
60度以下なら問題はありませんが、それ以上曲がれば浮き指です。



普段、歩く時に足裏の三点(踵50%、親指の付根35%、小指の付根15%)に重心をかけるのが身体から考えて一番ベストなんですが、


浮き指だと、


この二点で支えてしまいます。



Q.体重50kgの人の足に掛かる負担は50kg??

これ、違うんです。
重力の影響を受け、実は、
歩いてる時は体重の三倍。
走ってる時は体重の五倍の力が掛かっていると言われています。

健康の為に始めたウオーキングやランニング。
不安定な足裏のままで行うと、かえって身体を痛めてしまいます。


何故、今、足裏が不安定な人が多いのか?

足裏の刺激不足。
(今は小学生も運動会では靴を履いてますね)

ゆるい靴、脱げやすい靴。
(脱げない様に、足指を上げたり、縮こまらせて、ロックした状態で歩いています)

先の細いヒールやパンプス
(指の付根で歩く事になり、足指が退化してしまいます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

*足に原因のわからない痛みやタコがある。
*治療を続けても膝の痛みや腰痛、肩こりが取れない。
*姿勢が悪い。
*首や顎の調子が悪い。
*疲れやすい。
*足が冷え、浮腫みやすい。
この様な方は要注意です。


改善方法は…

退化してしまった足指を鍛える事です。
足指でグーチョキパー!
椅子に座り、タオルを足裏の下に敷き、足指を使い手前にたぐり寄せる。

これを続けるだけでも、足指力はついてきます。



浮き指の人=踵歩きをしているんですね。


良く、踵から着地しましょう~と聞きますが、そこだけを意識すると危険です。
踵から100%着地するのでは無く、
踵50%、親指の付根35%、小指15%と言うイメージで、足裏全面で受身をとってください。


…と、言っても、そんな事を考えながら歩くなんて、無理に決まってます。


そこで、「靴」の話です。
今は本当にお安い靴があります。
残念ながら、安い靴ほど、踵に衝撃を受け、足に負担がかかるものが多いのです。

少々お高くはなりますが、高い靴にはそれなりの理由があります。
一度、足の事を考えた靴を履いて見てください。

踵に衝撃を与えない靴。
重心、足の運びを正してくれる靴。

一度履いてみると、今までの靴がどれだけ身体全体に悪影響を与えていたかがわかります。


整形外科に行って、レントゲン、湿布、痛み止め、ヒアルロン注射?…その医療費を考えると、
決してお高くは無いと、私は思うのです。



私のお勧めの靴。


イージートーン


ビモロシューズ



ミズノウェイブ



ビルケンシュトック


デコールさんの靴もお勧め。



お家の中では布ぞうり。



第二の心臓と言われる足裏をどうか大切にしてくださいね!







スポンサーサイト

| カラダの事 | 23:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |