≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

… 貧血

今何故か?貧血の方にお会いするのが続いてます。

(貧血の診断基準である血色素量とは、ヘモグロビンの量を表す数値で、体内での酸素の運搬力に関わる重要な数値です。)





貧血と聞くと、

「氷をバリバリ噛んでます?」と、必ず聞いてしまいます。 (氷食症)




何故、鉄欠乏になると氷食症になるのか?
これには色んな説があるみたいですが、

鉄分が不足⇒脳に影響⇒味の好みが変わってしまう
⇒歯切れの良い音の出る食べ物を好むようになると言われています。

氷だけでは無く、タネ系の固い物、ピーナッツ、硬いお煎餅など硬い物を好んで食べると言われています。




軽度な鉄分不足の症状としては、
「動悸」、「めまい」、「疲労感」、「冷え性」など。
中度になると、「免疫力の低下」「皮膚にカビが繁殖しやすい」といった症状があります。
重度になると「むずむず脚症候群」、「異食症」「記憶力の低下」「記憶障害」などにつながる恐れもあるので要注意です。






鉄分を補給しようとすると、
レバーがパッと頭に浮かびますね。


食品に含まれる鉄は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分けられます。
ヘム鉄は溶けやすく吸収に適した形(二価鉄)ですが、
非ヘム鉄は消化吸収が難しい形(三価鉄)なので、ヘム鉄をとるほうが効率的です。


(画像出典:辰巳サンライズさん)



鉄分の吸収を良くするのは、

タンパク質(肉類、魚類、豆類)
ビタミンC(野菜や果物)

造血作用がある物は、

ビタミンB12(レバー、さんま、イワシ、しじみ、赤貝、ほっき貝、たらこ、いくら等)
ビタミンB6(レバー、鴨、鶏肉、まぐろ、かつお、いわし、ニンニク、酒粕等)
葉酸(レバー、ウナギの肝、ウニ、モロヘイヤ、芽キャベツ、枝豆、ほうれん草、菜の花、パセリ、ヨモギ、アスパラガス、卵黄、酒粕等)

レバーは、鉄分を多く含んでいる上に造血作用もあるので、貧血を改善したい方にはやはりお勧めですね。(^-^)





ただ気を付けていただきたいのは~

鉄分をせっせと補給しても、食品の中には鉄分の吸収を妨害してしまうものがあります。
⬇︎
緑茶、紅茶、コーヒー、赤ワイン、ハム
、ソーセージ、加工食品、インスタント食品
、スナック菓子、玄米、豆腐、米ぬか
、ほうれん草、たけのこ、キャベツ、サツマイモ等



緑茶や紅茶、コーヒー、赤ワインが、鉄分の吸収を阻害する原因は、これらに含まれている「タンニン」が原因です。
鉄分の吸収率が落ちてしまうんです。


野菜に含まれる食物繊維は、体内で鉄分を吸着して、一緒に排泄してしまう可能性が高まります。

ソーゼージ、ハム、インスタント食品、加工食品、スナック菓子に含まれているリン酸塩は乳化剤や安定剤、防臭剤などとして添加されているモノで、鉄分の吸収を妨害します。


玄米、豆腐、米ぬかに含まれているのがフィンチ酸は、鉄分と強く結びつき、水に溶けにくくするので腸内で吸収されにくくします。

ほうれん草は鉄分豊富なお野菜ですけど、たけのこ、キャベツ、サツマイモと同様、アクの成分であるシュウ酸が原因で鉄分の吸収を妨げます。
しっかりアク抜きをしましょう。




貧血予防には、適度な運動を行うのも効果的です。


適度な運動は身体の代謝を促進し、血流も良くなりますので、全身に酸素を送りやすくなります。

(激しい運動や、足の裏を強く地面に打ち付ける様なスポーツ(マラソン、バスケットボール、テニス等)は、足の裏の血液中のヘモグロビンが壊れて、貧血を促進させてしまう可能性があるので注意が必要です)



貧血の予防をする為にも、食事、運動、睡眠は大切です。
健康的な生活習慣にする事が大切なんですね。(^-^)








スポンサーサイト

| カラダの事 | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…アレルギー?

更年期やそうじゃない方も~


突然動悸がしたり、ふわ~っと目眩が起こったり、原因がわからない不調を抱えていませんか?

非常に気持ち悪し、心配になりますよね。





身体を作るのは食べ物で、


逆を言えば、

身体を壊すのも食べ物って事になります。




最近ちょっと気になる事がありました。

人とコーヒー(カフェイン)との相性です。


私もコーヒーの香りは大好きだし、
巷でも、糖尿病予防になるとか、認知症に良いだとか、プラスイメージの宣伝の方が目立ちます。
(コーヒー会社の力が強いのかしらね)



しかし、世の中にはコーヒー(カフェイン)で苦しんでる人が意外に多いのです。



アレルギーには、食べた直後に蕁麻疹や下痢嘔吐等が現れる即時型と(花粉症もこれね)、
数時間後、長ければ一週間後にも症状が出てくる遅延型があります。



遅延型アレルギーにはどんな症状があるかと言うと、

食後の膨満感、鼓腸、下痢、便秘、吐気、消化不良、げっぷやおなら、不安症、うつ、注意欠陥、多動性障害、集中力欠陥、攻撃的行動、情動不安定、頭痛、偏頭痛、関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ、夜尿症、頻尿、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群、喘息、慢性咳、咽頭炎、鼻水、慢性副鼻腔炎、不整脈、高血圧、頻脈、アトピー性皮膚炎、にきび、ふけ、蕁麻疹、乾燥肌、目の下のくま、慢性疲労、目まい、頭痛、不眠、むくみ、急激な体重変動、肥満、歯ぎしり…


はい…更年期障害、自律神経失調症と同じ様な症状か並んでいます。
こう言うアレルギーって、突然発症するから厄介ですね。
それに、半日前?2日前?一週間前に食べたものに反応すると言われてもね…(ー ー;)




即時型は耳鼻科や皮膚科でもすぐに検査してもらえますが、遅延型を調べてくれる病院はなかなかありません。おまけに自費での検査になるので、3万円以上はかかります。
(自分で出来る検査キットもありますよ)



(遅延型フードアレルギーの検査というのは、日本ではやっていないため、日本で採取した血液をアメリカ(USバイオテック研究所)に郵送して検査をしてもらいます。

アンブロシアという会社が日本の正規代理店となって、遅延型アレルギーの検査キットを販売しています)



検査してくれる病院はありますが…
(多分、上記のと同じキットを使うんだと思います)


アレルギー関連学会は、
「アレルギー食材を排除する事で、食生活が偏る」、「遅延型食物アレルギーに科学的根拠なし」と声明を出してるんです。





ですが、

今、当たり前になってる、「食べる順番ダイエット」は、
過去に「低インシュリンダイエット」として登場し、その後、医学会からいちゃもんを付けられ、
一旦消えたんじゃ無かったっけ?




今、ブームになってる筋膜リリースだって…

筋膜は”解剖する時に邪魔になる、ただの膜”扱いでした。


だから、学会の言う事も100%信用して良いのかどうなのか?




バナナが良い!甘酒が良い!納豆が良い!とTVで流れると、一気に売切れ状態になりますが、
それが本当に自分に合う物なのか…

冷え性の人がバナナを食べたり、
糖尿病の人が毎日沢山甘酒を飲んだり、
息を止めて嫌いな物を食べたり等も間違ってると思いますし、


乳製品が良いとか悪いとか言った情報も、
個人個人で違うと思うんですよね。



それに、

すご~く疲れてる時に、すご~く食べたくなる物って、


自分の身体にいちばん合わないもの

と、言います。




体調が悪いと、ひたすら何かの栄養素を足せば良いと思ってる人が多いと思うのですが、


時には、
引き算も大切ですね。

当たり前に口にしていた物を止めてみる。
そうすると、案外身体が軽くなる~

そんな事があるかもしれません。


(画像はお借りしています)























| カラダの事 | 14:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…すりこぎエクササイズ



今年もよろしくお願いいたします。(^-^)





クロワッサン最新号に、すりこぎ(麺棒)を使ったエクササイズが掲載されています。



表紙をみると、ダイエットに関する特集の様ですが、
糖質の話は痛みにも関わってきますし、


すりこぎエクササイズも、”痩せ体質”になる為に~
と、言う風に書かれていますが、

この筋膜リリースこそ、
自宅で出来る、痛み解消のお勧めセルフケアです。


まだ書店やコンビニにありますので、
気になる方はご購入ください。

¥500です。(^-^)


膝痛の方はコチラをどうぞ!
➡︎http://kenkoutaisitsu.com/?p=1454

(出典:地方の片田舎で書籍や雑誌で食養・断食を学び、見よう見まねの「もどき食養」実践日記!さんより)








| カラダの事 | 14:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…Tarzan 最新号

アスリート雑誌の「Tarzan」

最新号を本屋さんでチェックしました。
今回は即買いしました。(笑)



テーマは「休む」




これから師走を迎えなければなりません。
皆さんがバタバタバタバタする時期です。


上手に休息をとれたら良いのですが、それが出来ないのが現代人…。(^^;)






クエン酸、タンパク質、甘酒、
自律神経、オキシトシン、マインドフルネス、
ヨガ、瞑想、筋膜リリース、テニスボール、
東洋医学、GI値、腹巻き、レッグウォーマー…



私もブログに書いたり、普段よく口にする言葉が満載で、

私の思ってる事の集大成みたいな最新号でした。


出来る事なら、医療費より
予防費に時間やお金をかけてたい。



そう思われませんか?




長友選手の”食事革命”と言う栄養学のコラムも面白いですし、


ダンサーのUSAさん(EXILE)のモチベーションアップのアイテムに、
グリッドフォームローラーと書かれてて、嬉しくなりました。



同類を見つけた様な、厚かましい感覚♡(*´∇`*)(笑)


そして、
「テニスボール等の手軽に筋肉を刺激出来る物も一緒に持ち歩いてる」そうで、

更に嬉しくなりました。

筋膜リリースにはなくてはならないテニスボールです。



私も良くお客様にお願いするんです。

「車に(テニスボールを)積んで置いてくださいね~」

とか、

「旅行に行く時は、テニスボールを持って行ってくださいね!」

って。


しかし、中には私が冗談で言ってると思ってらっしゃる方もチラホラ。






今度からは、

「エグザイルのメンバーもですね、テニスボールを~」と、付け足してお伝えして行こうと思います。(笑)






Tarzanは隔週発行なので、気になった方は早めにご購入くださいね。

電子書籍もありますよ。
詳しくはこちら
⬇︎
http://magazineworld.jp/tarzan/tarzan-digital/




| 未分類 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…たんぱく質不足?

リオオリンピックが終わりました。

私はリアルタイムで観る事は無く^^;、もっぱらダイジェストで拝見しましたが、それでも沢山の勇姿に感動しました。


銀メダルを取っても、「申し訳ない」と泣く吉田沙保里選手。

どれだけのプレッシャーを抱えながら、日々を過ごしていたのかと…。
私だったら、そのプレッシャーだけで廃人になりそうです。^^;


個人的には競泳の、星 奈津美選手に釘付けになりました。



名前、水泳、バセドウ克服。
そんな共通点(天と地程の差はあるが)に、尚更気になり…

人が少なくなった市民プールで、私も久しぶりにバタフライに挑戦したりしてました。


オリンピックが終わると…
スポーツ雑誌等で、活躍された選手の記事が出てきます。

日常の食事やトレーニング、そしてケアの方法がわかります。

最新の治療法を知る事が出来ますから、実はこれからが楽しみなんです。(^-^)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それにしても…世界レベルのアスリートさん!
惚れ惚れする筋肉をしていらっしゃいます。



彼らも絶対に飲んでいるであろう、プロテイン。

一体どんなスペシャルプロテインを飲んでいるのでしょうね?



長年、仕事をしていて最近特に思うのですが…。

異常な程身体が硬く、背中全体が鉄板みたいにガチガチになってる方や、皮膚が引っ張られた様にパツパツになってる方がいらっしゃるのです。



何でここまで硬くなるんだろう…と。

この皮膚の張りは、糖尿病の様に血管問題を抱えた方にも良く見られるんです。

この様な方は良く風邪をひいたり、
大きな病気を起こしがちです。



これも一つは、たんぱく質不足が考えられるんじゃないかと思うのです。


筋肉に弾力が無く、スカスカなのです。


たんぱく質不足は免疫力も下げてしまいますから、なるほど…と、思う事は多いです。




プロテイン(たんぱく質)は、筋肉、爪、皮膚、内臓、髪の毛などを作ってくれるだけで無く、メンタルにも影響します。
私たちの体は丸ごと「たんぱく質」なのです。


勿論、毎日の食事が基本です。
それで全部をバランス良く摂取出来たら良いけれど、なかなかそうもいかないこのご時世。


ハードなお仕事や運動をされてる方は尚更です。


私自身、今までは運動した後だけにプロテインを飲んでましたが、毎日飲む様にしましたら、
何だか、筋肉が柔らかくなってきましたよ。




飲むタイミングはその日その日で違いますが、確実に身体に弾力が生まれてるのです。



不安症で心療内科に通うお客様にもお勧めしたら、1週間後には気持ちも軽くなり、眠れるようにもなり、
今までやりたくもなかったと言う(笑)、ラジオ体操を1日2回するようになったと、報告をいただきました。

(何かを始めたいと思う気持ちになれた事が嬉しいです)


栄養は吸収してナンボなので、腸の健康も大切ですね。
なので、強力ワカモトorエビオスも一緒にお勧めしてます。


先ほども書きましたが、

たんぱく質は、

皮膚・毛髪・爪をつくる
骨・歯・筋肉をつくる
内臓(肝臓・胃腸など)をつくる
血管をつくる
血液をつくる
酵素をつくる
ホルモンをつくる
抗体・インターフェロンをつくる

足りなくなると、

皮膚の美しさ、髪のしなやかさがなくなる
骨、歯、筋肉が弱く、もろくなる
内臓が衰え、弱くなる
血管がもろくなる
(高血圧、脳卒中につながるおそれ)
貧血になる
代謝が悪くなる
身体の調節がきかなくなる
細菌・ウイルスに感染しやすくなる


「やたらと甘い物や炭水化物が食べたくなる」
「過食傾向にある」

こんな症状も出てきます。

皆さまもどうかご注意ください。



(出典:プロテイン マニア)


食べ物では~
動物性たんぱく質
乳・乳製品・・・・・牛乳、脱脂乳、粉乳、練乳、ヨーグルト、チーズ
卵・・・・・鶏卵、うずらの卵、ピータン
魚介・肉・・・・・鮮魚、生肉、魚や肉の加工品

植物性たんぱく質
豆・豆製品・・・・・豆腐、油揚げ、納豆、凍り豆腐(高野豆腐)、枝豆、乾燥豆
注)豆、豆製品の中でも大豆は良質なたんぱく質


この様な食材をバランス良く食してください。
追いつかない方は市販のプロテインを試すのも良いと思います。









| カラダの事 | 17:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。