FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

▼△ ▼△▼△

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

リラクゼーション ACDの営業時間や料金、アクセスなどの情報は、

http://243d8.crayonsite.com

⬆︎
こちらをご覧ください。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


スポンサーサイト

| リラクゼーションACDとは? | 09:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…アクティブレスト

ついに今年も蝉が鳴き出しました。

暑い~ツラい~ダルい~からこそ、

身体を動かしてみましょう!



走った後等の多幸感は、エンドルフィンの分泌によるという説がありますが、
このほど、大麻と同様の働きをする脳内物質(内因性カンナビノイド)の影響のほうが大きい可能性があるという研究結果が発表されたそうです。



疲労時に軽く有酸素運動で体を動かしたりして血流の改善を図ると、疲労物質が排出されやすくなるので、身体がスッキリするんですよ。

(血流が悪い人は、体内に溜まった毒素、疲労物質をうまく排出することができません。
それで疲労が溜まりやすくなってしまうのです。)



安静・休養・睡眠などの静的休養法とはまた違う、
アクティブレスト(積極的休養)って言う方法です。



もともとはスポーツ選手が素早く疲労を抜くことを目的として作り出された疲労回復法なんだそうです。





日常生活にも取り入れる事が出来ますよ。

一駅多く歩いてみるとか、エレベーターじゃ無くて階段を使うとか…

…と言っても、これだけ暑い今は、なかなか難しいと思います。

そんな方には、入浴、温泉浴や、整体、マッサージといった方法もあります。



じ~っとしているだけが休息ではありません。


後数ヶ月続く猛暑を乗り切る為にも、積極的に筋肉と血液を動かしましょう!ヾ(๑╹◡╹ ๑)ノ"


(画像はお借りしています)





| カラダの事 | 09:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…気圧の変化

1月11日。


木曜日の夜。深夜です。
雪が降り出しました。


−1℃となってますが、今はまだ良いのです。

私は…



来週の月曜、火曜、水曜の方が心配です。
(特に水曜)

「何でしょう?この気温の変化。おまけに水曜は雨マーク…。」

気圧の変化に負けないようにしなければ!



負けそうな時は、


(気象病です。目眩や頭痛持ちの方は気をつけて!)


耳を手で覆って温めたり、
耳を色んな方向に引っ張ったり、
耳を引っ張ったまま、ぐるぐる回す
…とか、


頭痛が起こったら、首の後ろや額、眉の下の辺りを冷やすと良いんですよ。


(気圧の変化によって交感神経が興奮すると、収縮した血管が反動で拡張し、脳の中でも最も大きな神経である「三叉神経」に触れ、刺激します。
それで血管の脈動に合わせてズキズキと脈打つような激しい痛みになると言われています。血管の膨張は冷やすことで改善できます。(^-^))




| カラダの事 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…タンパク質とパイナップル

私は運動が好きなので、
プロテインは良く飲みます。

出来れば全てを自然な食材で調達したいけど、
毎日しっかりタンパク質を摂るとなるとプロテイン頼りになってしまいます。


しかし、筋肉に為にとタンパク質を摂っていても、
過剰摂取となれば、腎臓や肝臓にダメージを与えます。





人間はタンパク質を摂取すると、

タンパク質をペプチドに分解。

ペプチドをさらにアミノ酸に分解。

そして体内に取り込むというプロセスで筋肉を作る栄養を取り込んでいますが、一度の食事で分解し、筋肉として活用できるタンパク質量には限界があります。

人の身体はタンパク質で出来てる様なものですし、運動する人にとっては尚更必要なものですが、

タンパク質を摂り過ぎると、分解が出来なくなり、筋肉に利用できない分が脂肪になったり、内臓に負担をかけたり…ですね。
本末転倒な事になってしまいます。


そこで登場するのがコレ!



パイナップルをお肉等、タンパク質と一緒に食べると、パイナップルの持つブロメラインという酵素がタンパク質を分解し、消化を助けてくれます。



その他には~
マンゴー、パパイヤ、イチジク、メロン、梨、アボカド。
しょうが、大根、タマネギ、セロリ、ピーマン、
パセリ、にんにく、パプリカ、など

(しょうが、タマネギ、大根などは、すりおろして
肉に漬けておくと、肉が軟らかくなるのは有名ですね)

マイタケ、納豆、塩麹、味噌、ヨーグルトもOK!


特に強い酵素を持つのが、
パイナップル、キウイ、イチジクです。

酵素は、熱に弱く加熱すると壊れてしまいます。
なので市販の100%のジュースや缶詰などは一度加熱されてるので酵素は壊れてしまっています。


酢豚にパイナップルは有りか、無しか?

そんな議論があるけれど、これにはちゃんと意味があるんですよね。
冷奴に生姜、豚肉の生姜焼きも理にかなった食べ方ですね。


勿論、消化酵素を含む食べ物を摂るのもバランスで…。
パイナップルを食べすぎたり、ずっと口の中に入れてると、口中のタンパク質の分解を始めるので要注意です。→口が荒れる。(笑)



パイナップルの消化酵素ブロメラインは関節炎等に対する抗炎症作用もあります。



何かと…
有難い、有難い、パイナップルのお話でした。







| 食べ物の事 | 08:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

…胃熱

私ごとですが、

珍しく唇が乾燥して、ひび割れしそうになってました。


(こんなに酷くはないですが)


ワセリンパックや蜂蜜パックもしてみましたが、
効果がイマイチ。




上唇の乾燥は胃の粘膜に熱が発生しているから。
下唇の乾燥は腸の粘膜に熱が発生しているから。



皮膚に症状が出る時って内臓トラブル有りだから、最近の生活の事を思い出してみました。


それで、「あっ!!」

と、思ったのです。




私、久しぶりに自分用の糠まくらを作りました。





別に胃の不調があった訳ではないのですが、
温めた糠まくらを胃の上に置いてそのまま眠ってました。


それで胃が温まり過ぎたのでしょう。^^;





東洋医学には「胃熱」という言葉があります。
(暴飲暴食やストレスも胃熱の原因です)

この様な症状が出てきます。

みぞおちの焼けるような痛み
胃が焼けるように痛む
食べるとすっぱい水や苦い胃液が出る
胸焼け
冷たいものを好む
口が渇く
食べてもすぐ空腹になる
歯茎の腫れ、出血
強い口臭


思い出してみると、いつもは温かいものしか飲みたくないのに、数日は冷たい物を欲してましたし…。


それで、糠まくらを胃の上に置くのをやめたら、
唇の荒れはピターっと、良くなりました。(^◇^;)





温熱療法には、3種類の熱があります。

空気を介して患部を温める 「乾熱」 (ホットパックや赤外線照射等)
水分を介して患部を温める 「湿熱」
電磁波のエネルギーが組織内で熱エネルギーに転換されることを利用して患部を温める 「転換熱」 (超音波治療器)



蒸気で温める糠まくらは「湿熱」になります。
乾熱の(ジェル状)ホットパックに比べると、じんわり深部まで温まります。



糠まくら、恐るべしです。
冷え性の人には効果大のアイテムですよ。




外側からだけではなく、
内側も整えないといけませんね。

身体って繋がってる!!


また一つ…。自分のカラダで勉強しました。


















| カラダの事 | 19:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。